看護師

病棟看護師に疲れたならゆっくり働いてみよう【本当の幸せ】

病棟Ns
病棟Ns
もう病棟看護師疲れた…。
こんな日々が続くなんてもう耐えられない(;_;)

こんなふうに疲れきってしまった看護師さんに向けて記事を書いていきます。

この記事を書いているわたし自身、急性期の病棟看護師として約3年半働いていましたが、身も心もボロボロ状態に疲れきっていました。

そんなわたしも、いまでは職場を変え、身も心も健康的に毎日たのしく働くことができています。

結論、病棟看護師に疲れたのなら、ほかの働き方を探したらOKです。

この記事を読みつつ価値ある行動をはじめましょう。

この記事の内容
  • 病棟看護師に疲れたならゆっくり働いてみよう
  • 病棟看護師に疲れた理由を考えよう
  • 「病棟看護師疲れた」を解消する方法
  • まとめ

病棟看護師に疲れたならゆっくり働いてみよう

病棟看護師に疲れたならゆっくり働いてみよう

結論:ほかの働き方を探したらOK

病棟看護師として働くことに疲れたのなら、さっさとほかの働き方を探したらOKです。

疲れた状態で無理して働き続けても、心身ともに不健康になるだけです。

1番大切なことは、自分自身を大切にすることです。

自分の体も心も犠牲にしてまで我慢して働きつづける必要は、いっさいありません。

『もう病棟看護師として働くのは疲れたな…』

と思うのであれば、ほかの働き方を探しましょう。

逃げる≠ダメ人間

「嫌なこと、ツラいことから逃げるなんて、弱くてダメな人間だ!!」

みたいな考え方もありますが、そんなことは決してありません。

人生は1度きりです!!

嫌なこと、ツラいことに耐え続けるだけの人生って、生きてて楽しいですか??

そんなふうに人生消耗するのは時間のムダでしかありません。

イヤな職場で人生消耗していないで、もっと楽しいと思える生き方をするべき!

『もう病棟看護師は疲れたな…』と思うのであれば、迷わず逃げたらOK。

逃げることは正義です。

とろろ
とろろ
わたしは約3年半働いた病棟から逃げて、人生がHappyになりました

看護師の職場なんて無限にある

看護師が働ける場所は、無限にあります。

すこし例を出してみるとこんな感じ↓↓

  • 病院(外来、病棟、OP室、ICU、透析センターなど)
  • クリニック
  • 老人施設
  • 障害者福祉施設
  • 保育園や幼稚園
  • 検診センター
  • 産業看護師
  • ツアーナース
  • 治験コーディネーター

上記のとおり。

実際には看護師が働ける場所は、もっとたくさん存在します。

病棟看護師にこだわらなくても、看護師の働き方は無限にあります。

なので、ほかの働き方を探すことを恐れたり不安に思う必要はまったくありません!

むしろ、『いろんな働き方を経験してみるのもアリだな(^^)』くらいに考えましょう◎

まずはいろんな職場を見てみよう

看護師の働き方は無限にあります。

まずは、実際にどんな職場があるのか情報を集めてみましょう!

病棟看護師として人生消耗するんじゃなくて、楽しいと思える働き方をしましょう☆

看護師として楽しく働ける場所は山ほどあります。

「転職サイトに登録=絶対転職しなくちゃいけない」ではないので、まずは気軽に転職サイトに登録して、情報を集めてみましょう♪

看護師転職サイトおすすめBEST3
看護roo!
※看護師のクチコミで総合評価1位。わたしはココで転職成功☆

看護師求人

→ 派遣なら「看護roo!派遣」
※地域限定(東京、神奈川、埼玉、千葉)

看護のお仕事
※非公開求人が豊富。求人数はダントツで多い。

職場のリアルがわかる転職

→ 派遣なら「看護のお仕事派遣」
※地域限定(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、奈良、兵庫、愛知、静岡)

ナースではたらこ
※行きたい病院を逆指名できる。アルバイトの求人サイト「バイトル」も運営している会社。

ナースではたらこ

参考:看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

上記の転職サイトは、実際にわたしもすべて登録しました(^^)

病棟看護師に疲れた理由を考えよう

病棟看護師に疲れた理由を考えよう

『病棟看護師はもう疲れた…』

このように感じる理由には、おおきく3パターンあるとわたしは考えています。(というか、わたしがそうでした)

  1. 体力的に疲れる
  2. 精神的に疲れる
  3. 充分な休息時間がない

上記のとおり。

①体力的に疲れる

  • 多忙すぎる
  • 夜勤がしんどい
  • ADL介助が多すぎ
  • 朝はやいのが苦手

体力的に疲れる原因は、上記の4つが多いです。

病棟(特に急性期)は、検査・処置・OPなど業務内容が多忙で、ADL介助も多く、体力的にとても疲れます。

また、夜勤があったり日勤は朝がはやかったりと、生活リズムがしんどい勤務体制になっています。

病棟看護師は業務内容や勤務体制的に、どうしても疲れやすい環境になっていますね。

②精神的に疲れる

  • 看護師の人間関係が悪い
  • 急変や看取りがしんどい
  • 命を預かる責任が重すぎる
  • 患者・家族との関わり方に神経を使う

精神的に疲れる原因として1番多いのは、看護師の人間関係の悪さかなと思います。

『看護師っていう職業は好きやけど、今の職場はイヤすぎる』

っていうパターン、めっちゃ多いです。(わたしもそうでした)

また、看護師の責任の重さや、急変や看取りが苦手だったり、患者さんや家族との関わり方に疲れてしまう、というパターンも多いです。

病棟看護師っていろんなところに神経を使うので、めっちゃ気疲れしますよね(>_<)

③充分な休息時間がない

  • 残業多すぎ
  • 連休なさすぎ
  • 休日も家で仕事
  • 休日も出勤・研修に行かなきゃいけない

体力的にも精神的にも疲れやすい病棟看護師。

1番問題なのは、その疲れを癒やす時間さえないということ!!

毎日残業ばっかで「仕事行く→帰って寝る→また仕事」みたいな生活になりがち。

また、連休がなかったり、休日出勤したり休日に研修に行かされたり、休日も家で勉強会の資料づくり…

ぶっちゃけ、プライベートがない職場はただのブラック病院です。

ブラックな職場はムダに人生消耗するだけなので、はやく逃げるべき⚠

「病棟看護師疲れた」を解消する方法

病棟看護師疲れたを解消する方法

『病棟看護師疲れた…』を解消する方法は2つ!

  • 働く環境を変える
  • いったん働くことをやめる

もうホントこの2択に尽きます。

病棟看護師に疲れたのなら、心身を休めることが大切。

もし貯金があるのなら、少しニート生活を送るのもオススメ!

とろろ
とろろ
わたしは実際に、転職するタイミングで約半年間ニート生活を送りました。

ニート生活は心身をゆっくり休ませることができるので、心身ともに健康が取り戻せてオススメです。

少し休んだら、もっと健康的に楽しく働ける職場をさがしましょう!

元どおりの職場環境に戻ったら、同じことを繰り返すだけです。

1度きりの人生をムダにしないためにも、もっと楽しく働ける職場をさがしましょう!

≫おすすめの転職サイトまとめはコチラを確認

実際、わたしは働く環境を変えてから、仕事で疲れないHappyな人生を送ることができています。

わたしの転職体験記については以下の記事に綴っています↓↓

【ブログ】看護師の私が転職して無理しない生き方になった話 「看護師のわたしが転職したら無理しない生き方になった件」 について、このブログをとおしてお話しさせてください。 3分もあれば...

めちゃくちゃ本心のままに思いを綴っているので、看護師生活に疲れを感じているひとはぜひ読んでみてください。

まとめ:病棟看護師に疲れたなら辞めてOKです

病棟看護師に疲れたのなら、今すぐその環境から逃げてほかの働き方を探したらOKです。

実際、わたしは病棟から逃げて人生がHappyになりました。

1番大切なことは、自分自身を大切にすることです。

病棟看護師で疲れたのなら、ムダに人生消耗しない幸せな働き方を探しましょう!

関連記事看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

関連記事【注意】祝い金がもらえる看護師転職サイト【失敗しない選び方】