看護師

「急性期看護師向いてないよ」と言われた【3年我慢 or 逃げる】

「急性期看護師向いてないよ」と言われた【3年我慢 or 逃げる】
Question


「あなた急性期の看護師向いてないよ」と言われる…。
急性期の看護師はたしかに向いてないと思う。辞めたほうがいいのかな?

このような悩みを抱いている看護師さんに向けて記事を書いていきます。

わたしは、急性期病棟の看護師を約3年半していました。

そのときに、以下のように言われてかなりヘコんだ経験があります。

「あなたは絶対急性期の看護師向いてないよ」

「何も考えていないように見える」

「ぽけ~っとしないで」

最初にこの記事の結論から言います。

「あなたはこれからも急性期の看護師としてやっていきたいか?」

これに対する答えがこの記事の結論です。

すぐに読み終わるので、3分だけお付き合いください。

この記事の内容
  • 「急性期看護師向いてないよ」と言われたら?
  • どんな看護師が急性期に向いている?
  • 急性期病棟を辞めてみて思うコト
  • まとめ

「急性期看護師向いてないよ」と言われたら?

急性期の看護師としてやっていきたいのか?

『自分でも急性期は向いていないと思うし、できれば急性期の看護師はもう嫌!!』

⇛ 迷わずいますぐ転職しましょう。嫌な状態で続けていても、人生消耗するだけです。

はやく行動するのが吉ですよ♪

≫看護師が使うべき転職サイト・転職エージェントはこちら

『先輩看護師からは「向いてない」と言われるけれど、わたしは急性期の看護師として頑張りたい!!』

⇛ 急性期でがんばればOK!詳細は以下で説明します。

結論:「これからも急性期の看護師としてやっていきたいのか?」という質問に対して、Noなら今すぐ転職、Yesならそのまま頑張る!

向き・不向きはすぐにはわからない

1年とか2年じゃ、急性期に向いているかどうかなんて正直わかりっこないです。

なので、いくら先輩看護師から「あなた、急性期の看護師向いてないよ」と言われたとしても、『わたしは急性期が好きだし急性期で働きたい!』という意志があるのなら、やめる必要なんてありません。

3年もすれば、自分が急性期に向いているか向いていないかわかってくるので、まずは3年をめどに続けてみてもイイかも。

ただ、「急性期向いてないよ」と言われることが苦痛になってきたり、『やっぱり急性期じゃないところで働きたい』と思うようになったら、3年も我慢せずにサクッと転職したらOK◎

看護師として働ける場所は無限にあるので、看護師歴が浅い状態での転職も心配は無用です。

看護師1年目でも辞めたいなら辞めてOK【3年続ける必要なし】看護師1年目でも辞めてOK!! 辞めたいと思いながらも3年以上辞めずに働き続けてから転職しましたが、結論、「看護師はとりあえず3年働くべき!」なんてことは気にする必要なしです。 その理由をお話しします。...

急性期で働きだして4年目以上にもなれば、自分が急性期に向いているか向いていないかの判断はつくかと思います。

もし、急性期で働きだして4年以上になるのに「あなた、急性期の看護師向いてないよ」と言われるようであれば、一度転職を考えてみてもイイかもしれませんね。

とろろ
とろろ
どちらにせよ自分の気持ちを優先しましょう。

実体験:約3年半続けてみた結果

記事の最初でも述べましたが、わたしは先輩看護師数人から「あなたは絶対急性期の看護師向いてないよ」と言われ続けました。

それでも、約3年半、急性期で働き続けました。

その結果、ある1人の先輩から以下のようなことを言われました。

1・2年目の頃はどうなることかと思ったけど、いまは立派な看護師になりましたね。

期待してるよ、これからも頼むよ。

これ、退職日に言われて普通に泣きました。

1年目の頃にいちばん怖くて苦手と思っていた先輩だったので、思わず涙ポロリでした(;_;)

「急性期向いてないからはやく辞めたら?」と嫌味っぽく言い続けてくる先輩もいましたが、こうやって成長を認めてくれる先輩もいるんだなと、とても感動したことを覚えています。

すこし話がずれちゃいましたが、とにかく、他人の言うことなんて気にせずに自分のやりたい看護をやればイイとわたしは思います。

わたしは「急性期の看護師向いてないよ」と言われながらも、急性期が好きだったし急性期の看護師としてスキルアップしたかったので約3年半やめずに続けました。

そのことを後悔はしてないですし、急性期の病棟で働いたこの約3年半で、いろんな知識や技術を習得することができたと思っています。

どんな看護師が急性期に向いている?

一般的に言われている「急性期に向いている看護師」は以下のようなひとたちです。

  • テキパキ働くのが好き
  • 高度な医療知識やスキルを身につけたい
  • 体力的にも精神的にもタフ
  • 暇な現場よりも忙しい現場のほうが好き
  • 感情の切り替えがはやい(いい意味でサバサバしてる)

こういった看護師が急性期に向いていると一般的には言われています。

ですが、ぶっちゃけ上記に当てはまろうが当てはまらなかろうが、そんなの関係ないです。

『わたしはテキパキ動けないから急性期で働いたらダメだな…』なんて思わなくてイイです。

何度もいいますが、いちばん大切なことは、急性期で働きたいか働きたくないか、あなた自身の意志です。

自分の意志を大切にしましょう。

急性期病棟を辞めてみて思うコト

わたしは急性期病棟にいるとき、以下のようなジレンマを感じていました。

急性期病棟のジレンマ

急性期病棟はいろんなことを学べるけど、とにかく忙しすぎて、患者さんに寄り添った自分のやりたい看護ができない…

わたしはこのジレンマがいやで、4年目の夏に急性期病棟をやめました。

約半年間ニートを楽しんで、今はクリニックと訪問看護の兼務に転職をしました。

実際に急性期病棟をやめてみて、わたしは自分のしたかった看護ができる喜びを感じています。

特に、訪問看護は患者さんに寄り添った看護ができるため、とてもやりがいを感じています。

結果的に、わたしは急性期看護よりも、クリニックや訪問看護のほうが向いていたのかもと今は思っています。

病棟からクリニックへ転職してみたリアルな感想については、以下の記事にまとめました↓↓

【実体験】病棟からクリニックに転職したら心が健康になる話←注意点あり病棟からクリニックへの転職を考えているひとは必見です★わたしは病棟からクリニックに転職をして、いまは毎日充実した楽しい日々を過ごしています♪...

まとめ

「あなた、急性期の看護師向いてないよ」と言われたら、「これからも急性期の看護師としてやっていきたいのか?」と自分に問いかけてみましょう。

その問いに対しての答えがNoなら今すぐ転職、Yesならそのまま頑張る!これが結論です。

実際、「あなた、急性期の看護師向いてないよ」と言われたらとても傷つきますが、他人の言葉なんて気にせず、自分のやりたい看護をやり続けたらOKです。

わたしは急性期病棟で約3年半経験を積めたこと、クリニックと訪問看護に転職したこと、どちらも後悔していません。

後悔のないように、自分の意志を尊重して行動しましょう!

この記事がすこしでも参考になれば幸いです。

人気記事看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

人気記事【注意】祝い金がもらえる看護師転職サイト【失敗しない選び方】