看護師転職サイト

看護師転職サイトの面接同行が神すぎた【苦手な面接が超絶安心】

とろろ
とろろ
つい先日、急性期病院から“訪問看護とクリニックの兼務“に転職をしました!!

今回は、「看護師転職サイトの面接同行が神すぎた件」について、皆さんと情報を共有したいなと思ったので、記事にまとめることにしました。

これから転職予定のひと、転職サイトの面接同行について知りたい人、転職のときの面接が不安な人などは、参考になるかと思います!

ちなみに、オススメの看護師転職サイトは以下の記事で紹介しています。

看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

この記事の内容
  • 看護師転職サイトの面接同行が神
  • 面接までに準備しておくべきこと
  • 面接中の心得
  • まとめ

看護師転職サイトの面接同行が神すぎた

看護師転職サイトの面接同行は、かなりの神対応です。

キャリアアドバイザーが面接同行してくれる

看護師転職サイトに登録すると、自分に専属のキャリアアドバイザーさんが付いてくれます。

自分専属のキャリアアドバイザーさんは、

  • 希望条件のヒアリング
  • 求人紹介
  • 面接日の調整
  • 面接のアドバイス
  • 履歴書の書き方アドバイス
  • 面接同行&条件交渉
  • 入職後もサポート

といった一連の流れをサポートしてくれます。

転職サイトに登録すると、求人を紹介してくれるだけでなく、実際に面接に同行してくれたり、事前に電話で面接で聞かれそうなことを確認してくれたり、履歴書の書き方なども丁寧に教えてくれます。

とろろ
とろろ
ここまでやってくれて無料なんて普通にありがたすぎる!!

面接に同行してくれるだけでなく、面接対策もしっかりとしてくれるので、安心して面接を迎えることが出来ます!

面接前後の看護師転職サイトの流れも知りたい人は以下の記事がオススメです。

看護師転職サイトで転職する流れ【実体験をもとに手順を解説する】看護師転職サイトで転職する流れを実体験をもとに解説します。私は現役の4年目看護師で転職サイトを使って転職した経験があるので、その経験から本記事を書いています。...

面接日当日、私の場合は、面接10分前に建物の前でキャリアアドバイザーの方と現地集合し、それから一緒に受付に行き、面接開始、という流れでした。

面接同行してくれる最大のメリット

実際に面接同行してもらって良かったなと感じた点は、次のとおりです。

  • となりに居てくれるだけで安心感がすごい
  • 面接中にフォローしてくれる
  • 条件面の交渉を目の前で代行してくれる
  • 面接前後のフォローも手厚い

この4つの点が、面接同行してくれる最大のメリットだと思います!

逆に言うと、面接同行してもらって『ここが嫌だったな。』と感じた点は、ひとつもありませんでした。

となりに居てくれるだけで安心感がすごい

本来面接は、自分ひとりに対して面接官が数人、というパターンがほとんどなので、結構威圧感があると思います。

しかし、面接同行してくれる場合は、自分のとなりにキャリアアドバイザーの方が座ってくれるので、となりに居てくれるだけでかなり安心感があります。

『自分はひとりじゃない。となりに味方がいる。』的な感じで、だいぶと気持ちが楽になりました。

面接中にフォローしてくれる

どんなに前もって面接で聞かれるであろう質問の答えを準備していたとしても、『え、そんなこと聞く??』的な質問が飛んでくる場合って結構ありますよね(^_^;)

そんなときに、さり気なく横からサポートしてくれるのが、キャリアアドバイザーさん。

予想外の質問が飛んできて少し困ってしまったら、すかさず『この間電話で〇〇って言ってましたよね(^^)』みたいな感じで、自然にフォローしてくれます。

ただただありがたかった・・・(;_;)♡♡

条件面の交渉を目の前で代行してくれる

条件面、特にお給料の話って、なかなか自分からグイグイ聞きづらいですよね。

例えば、交通費は出るのか、残業代は出るのか、非常勤や派遣の場合は時給がいくらなのか、など。

自分では聞きづらいけど、正直一番気になるポイント(>_<)

そんな聞きづらいことは、すべて面接同行してくれているキャリアアドバイザーさんが代行して、目の前で交渉してくれます!

実際、私は非常勤で働くことにしたのですが、聞きにくいお給料のことや残業代のことなど、すべてキャリアアドバイザーの方が代行して確認してくれました。

かなりありがたかったし心強かったです。

面接前後のフォローも手厚い

面接日に同行してくれるだけでなく、面接前後のフォローも手厚いのがかなり魅力的!

具体的には、

  • 履歴書の書き方を教えてくれる
  • 面接で聞かれるであろう質問を教えてくれる
  • 答えにくい質問の回答例を教えてくれる
  • 以前実際に聞かれていた質問を教えてくれる
  • 面接にふさわしい服装や髪型を教えてくれる
  • 面接直前に、代行して聞いて欲しい事があるか確認してくれる
  • 面接終了後も、相手先にフォローしてくれる

ざっとこんな感じ。

事細かにいろいろ丁寧に教えてくれるので、とっても助かります。

特に嬉しいのが、「以前実際に聞かれていた質問を教えてくれる」こと!

例えば、面接に行く病院をA病院としましょう。過去にA病院に面接同行したキャリアアドバイザーが、実際のA病院の面接の雰囲気や、どんなことを質問されていたかなどをすべて教えてくれます。

これは面接を受ける側としては、結構安心感に繋がる嬉しい情報だなと思いました。

また、面接が終わってからも、面接を受けた看護師のフォローや、面接の相手先へのフォローをしてくれるため、採用に結びつきやすいという特徴もあります。

以上の4つの理由から、「看護師転職サイトの面接同行は神!」だと思いました(^^)

看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

面接までに準備しておくべきこと

面接には事前準備が必要です。

面接で失敗しないために、事前に次の5つのことを準備しておきましょう!

①事前に面接先(病院や施設)の情報を収集しておく

②履歴書の作成

③スーツの準備、髪色が明るい場合は暗くする

④面接の質問対策

⑤逆質問の内容を考えておく

1つずつ説明しますね。

①事前に面接先の情報を収集しておく

これは、めちゃくちゃ大切です!!!

事前に面接先のホームページをチェックし、「どんな理念を大切にしているのか」や「どんな特徴があるのか」ということを事前に情報収集しておきましょう!

そうすることで、「なぜウチを選んだの?」「ウチであなたは何を頑張りたいの?」「ウチのどういうところが気に入って面接に応募したの?」などといった質問に、堂々と答えることが出来ます◎

また、事前に面接先の情報を収集する中で、もしかしたら『私、やっぱりここに転職はしたくないかも・・・』と思ってしまうパターンもあるかもしれません。

その場合は、面接を断るもしくは、見学も兼ねて面接には行き、実際に自分の目で見た上で、最終判断をする。どちらかで良いと思います。

『面接までしてもらったのに今さら断るなんて申し訳ない・・・』なんて思う必要はありません。

妥協して転職しても、結果的にしんどくなるのはあなた自身です。

せっかく転職するのなら、妥協無しで『ここで働きたい!』と思えるところに転職しましょう!

転職とは、職場に選ばれるんじゃなく、あなた自身が職場を選ぶんです。

少し話が脱線しましたが、事前に面接先の情報を収集しておくことがとても大切です。

②履歴書の作成

続いて、履歴書の作成も必ず必要です。

履歴書の書き方についてはここでは詳しく触れませんが、分からなければ「看護師 履歴書」とかでググってください(笑)山ほど見本が出てきます(笑)

履歴書の作成において、一番重要な項目は「志望動機」の欄です。

どこの職場にも言えるような、ありきたりな志望動機はNGです!

「この病院(施設)だからこそ働きたい!!」という具体的な理由が伝わるように、面接先の理念などを調べ、それらと絡めながら志望動機を考えるのがコツです!

そうすることで、面接先に誠意や意欲が伝わると思います。

ちなみに私はこの様式の履歴書を使用しましたが、場合によっては「職務経歴書」が必要な場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

③スーツの準備、髪色は暗くする

看護師は身だしなみが命!ということで、面接時の印象はとても大切です。

面接の時に「清潔感があって好印象。」と思ってもらえるように、前もって準備をしておきましょう!

面接はスーツが基本なので、前もってスーツを準備。そして、髪色もできるだけ暗め(理想は黒髪)にしておきましょう!

『スーツは持ってるし大丈夫!』と思っているそこのあなた!

ちゃんと入るか事前にチェックしておきましょうね!(笑)

久々に着ると『あれ?めっちゃキツキツ(笑)』なんてことになりがちなので、油断は禁物です(笑)

ちなみに私は、スーツはなんとか入ったのですが、シャツが少し黄ばんでいたので、急遽買い替えました(^_^;)

あと、スーツ用のパンプスの留め具が壊れていたので、パンプスも買い替えました。

めったに履かないので少しもったいない気もしましたが、面接のためです、仕方ないですね(^_^;)

④面接の質問対策

面接でおどおどしてしまうと「この子大丈夫かな?」と思われてしまうかもなので、事前に質問対策をしておいたほうが良いです。

事前に質問対策をしておくことで、面接時にハキハキと受け答えすることができ、結果的にそれが好印象へと繋がります◎

また、回答の内容に一貫性をもたせることで、ぶれない人間像を作ることができ、それが信頼にも繋がります。

よくある質問をまとめてみたので、事前に質問対策をしておきましょう!

よくある質問
  • なぜ当院(当施設)を志望しましたか?
  • 前の職場を退職した理由はなんですか?
  • 当院(当施設)で何をしたいですか?
  • 看護師を目指したキッカケはなんですか?
  • これまでにどんなことを経験してきましたか?
  • あなたの看護感を教えて下さい。
  • インシデントを起こしたことはありますか?
  • 今後結婚や出産の予定はありますか?
  • あなたの長所と短所を教えて下さい。
  • 勤務形態(夜勤アリ、夜勤なし)についてどうお考えですか?
  • 逆になにか聞きたいことはありますか?

ここに書いた11個の質問に関しては、最低限しっかりと答えられるように、事前に準備をしておきましょう!

最後に書いた「逆になにか聞きたいことはありますか?」という質問に関しては、次の項目で詳しく説明します◎

ちなみに私が実際にされた質問はこんな感じ↓↓

  • なんでバリバリ急性期の消化器病棟に居たのに、急性期でも消化器でもないウチに来たの?
  • 病棟に居たのに施設とかクリニックに興味が出たのは何がキッカケ?
  • 特養と老健の違いって分かる?
  • なんで数ある求人の中からウチを選んだの?
  • ウチの特徴的なところってどんなところか分かる?
  • 訪問看護を希望したのはなんで?普通はみんな嫌がるんだけど。
  • あなたの趣味は?
  • あなたの長所と短所は?
  • なにか聞きたいことはありますか?

⑤逆質問の内容を考えておく

「逆になにか聞きたいことはありますか?」という逆質問は、ほぼ確実にされるであろう質問です!

この質問に対して、『特にありません。』と答えるのはNGなので注意が必要です!!!

逆質問をするのには、こういった採用側の意図があります。

  • お互いに疑問や不安を解消した状態で採用したい
  • 当院(当施設)にどれくらい興味・関心を持っているのか知りたい

逆質問にはこういった採用側の意図があるため、逆質問は必ず事前にいくつか準備しておきましょう!

また、逆質問は自分をアピールするチャンスでもあるため、ホームページで理念などを確認し、それらを絡めながら、やる気の伝わる逆質問を考えましょう。

例えばこんな感じ。

  • もし採用して頂けるとしたら、なにか事前に準備しておいたほうが良いものなど御座いますでしょうか?
  • 夜勤は19時から翌9時とのことですが、夜勤は何名体制でまわしておられるのですか?
  • ホームページで〇〇にチカラを入れていると拝見したのですが、具体的に看護師に求めていることなど御座いますでしょうか?

こういった感じの逆質問を考えておくと良きです◎

面接中の心得

面接の心得は次の5つ!

①遅刻は厳禁

②清潔感ある身だしなみ

③目を見てハキハキ話す

④しっかりあいさつする

⑤聞かれたことだけ答える

1つずつ説明しますね。

①遅刻は厳禁

社会人として当たり前ですが、遅刻は厳禁です!

面接に遅刻してしまったら、「就職してからもこうやって遅刻してくるのかな。」というふうに、一気に信頼を失ってしまいます。

面接日は、「15分前に到着、10分前に受付を済ませる。」のが理想的!

時間に余裕を持って行動しましょう。

②清潔感ある身だしなみ

看護師は身だしなみが命!

「清潔感があって好印象◎」と思ってもらえるような身だしなみを心がけましょう!

スーツ:黒、紺、グレーなどのダーク色。

シャツ:白色無地がベスト◎

パンプス:ヒールが高くないもの。

化粧:すっぴん、厚化粧はNG。ナチュラルメイクがベスト◎

髪型:お辞儀をしても髪が顔にかからないよう髪が長い人は後ろで束ねる。前髪が長い人はピンでとめる。

こんな感じで問題ないかと思います。

③目を見てハキハキ話す

面接中は、面接官の目を見てハキハキと話しましょう!

そうすることで、面接官に自信が伝わり印象◎です。

逆に、目を見ずモゴモゴ話してしまうと、「患者さんに対してもこんな感じなのかな?」と面接官に不安を与えてしまう可能性もあります。

熱意を伝えることはとても大切なことなので、面接はとても緊張しますが、目を見てハッキリ話すことを意識しましょう!

そして!顔が怖いのも禁物です(笑)

笑顔を忘れないように意識しましょう(^^)

④しっかりあいさつする

これも社会人として当たり前ですが、しっかり挨拶しましょう!

面接前には『本日はよろしくお願いいたします。』面接後には『本日は面接の機会をいただき、ありがとうございました。』としっかり挨拶しましょう。

まずは社会人としてのマナーがしっかりと出来ていることが大前提です。

⑤聞かれたことだけ答える

面接では、聞かれたことだけを答えるようにしましょう!

面接官の質問は最後までよく聞き、途中で質問をさえぎることのないように注意しましょう。

看護師にとって、「相手の話をしっかりと聞き、それに対してしっかりと受け答えができるかどうか」はとても大切です。

自己アピールしたい気持ちもわかりますが、「面接では聞かれたことだけ答える。」これがベターです◎

面接の関係性は1:1

面接の相手との関係性は1:1です。

つまり、相手を審査する場所でもあるワケなのです。

たとえばこんなコトがあります。

  • 面接に行ったら院長がほぼヤ○ザ
  • 職場の雰囲気が暗すぎ
  • 聞いていた条件とちがう
  • なにかわからないけどちょっとちがう

こんなことを思ったらその職場はやめておきましょう。

「面接までいっちゃったし、もう引き返せない…」

なんてことは絶対にありません。こちらにも面接で選ぶ権利があります。

迷わず断るべき!

看護師転職サイトの断り方
【超カンタン】看護師転職サイトでいますぐできる断り方教えます看護師転職サイトの断り方で迷っている看護師さんに向けて記事をまとめました。転職サイトを断れずに困っている看護師さんは、ぜひチェックしてみてくださいね★...

まとめ

看護師転職サイトの面接同行は、控えめに言って神です。

しかも、看護師は永遠に無料で利用可能なので、使わない手はないですね。

これから転職予定の方は、転職サイトを利用すれば面接もらくらくクリアできるかと思います!

みなさんが希望通りの転職ができることを願っています(^^)

人気記事看護師転職サイトランキング【実際に使ったおすすめベスト3を紹介】

人気記事【注意】祝い金がもらえる看護師転職サイト【失敗しない選び方】