看護師

夜勤前にお風呂に入ったほうがいい理由【メリット・デメリット】

Question
  • 夜勤のときってみんなどのタイミングでお風呂に入ってるの?
  • 夜勤前はお風呂に入るべき?
  • 夜勤前にお風呂に入るメリットとデメリットは?

夜勤をしている方の中には、お風呂に入るタイミングを悩まれている方が結構いるような気がします。

ちなみに私は、夜勤前にお風呂に必ず入る派です!

なぜ夜勤前に必ずお風呂に入るのか、その理由を述べた上で、夜勤前にお風呂に入るメリットとデメリットをご紹介しようと思います。

この記事の内容
  • 私が夜勤前に必ずお風呂に入る理由
  • 夜勤前にお風呂に入るデメリットもあり

私が夜勤前に必ずお風呂に入る理由

私は4年間夜勤をしてきましたが、夜勤前は必ずお風呂に入るようにしていました。

その理由としては、以下のとおりです。

  • お風呂に入っている間は何も考えなくて良くなるので、夜勤前に少しリラックスすることができるから
  • 夜勤前にお風呂に入ることで、それが夜勤のスイッチをオンにしてくれるから
  • 病棟には清潔でサッパリとした身体で出勤したいから
  • 夜勤前にお風呂に入っておかないと、夜勤が終わった頃には前髪がベタついてそうで嫌だから

以上の理由から、私は必ず夜勤前にお風呂に入るようにしていました。

1つずつ詳しく解説していきますね!

夜勤前にリラックス

まず1つ目の「お風呂に入っている間は何も考えなくて良くなるので、夜勤前に少しリラックスすることができるから」という理由に関してです。

私は、とにかく夜勤がストレスでストレスで仕方がありませんでした。

夜勤に行きたくなさすぎて、夜勤前はいつもとても憂鬱な気持ちになっていました。

しかし、そんな憂鬱な気持ちも、出勤前にシャワーを浴びることで少しだけ気持ちをリラックスできているような実感がありました。

湯船にゆっくり浸かると「夜勤嫌だな~」ということばかり考えてしまって逆効果なので、あえてシャワーだけ浴びるようにしていました。

そうすることで、シャワーだけだと頭を洗ったり身体を洗ったりと常に何か動作をしているため、自然と「夜勤嫌だな~」という気持ちを一時的にどこかへ吹き飛ばしてくれます

私はこんな感じで気持ちをリラックスさせるために、夜勤前は必ずシャワーを浴びていました。

夜勤のスイッチオン

続いて2つ目の「夜勤前にお風呂に入ることで、それが仕事のスイッチをオンにしてくれるから」という理由に関してです。

先ほどのリラックスできるということに加えて、夜勤前のお風呂は、私にとって夜勤のスイッチオンの役割をしています。

夜勤前のお風呂をルーチン化することで、それが夜勤のスイッチオンの役割をしてくれて、「嫌でも行くしかない、頑張ろう!」という風に夜勤スイッチをオンにしてくれます

人によって夜勤のスイッチの入れ方はそれぞれだとは思いますが、私の場合はお風呂に入ることが夜勤のスイッチオンの役割になっていました。

清潔な身体で出勤

続いて3つ目の「病棟には清潔でサッパリとした身体で出勤したいから」という理由に関してです。

これは文章そのままの意味です(笑)

私は病棟へ出勤するときは、「この看護師さん清潔感あるな~」と患者さんに思ってもらえるように、夜勤・日勤に関わらず、出勤前に必ずお風呂に入るようにしていました。

夜勤のときは夜勤前、日勤のときは朝風呂、これは私の中で絶対でした。

お風呂に入って清潔な身体で出勤することで、まわりの人から清潔感があると思ってもらえるだけでなく、自分自身もサッパリとした気持ちで仕事ができるため、仕事の出勤前に必ずお風呂に入るようにしていました。

夜勤終わりのベタつき防止

最後、4つ目の「夜勤前にお風呂に入っておかないと、夜勤が終わった頃には前髪がベタついてそうで嫌だから」という理由に関してです。

私が4年間働いていた病院は2交代制だったため、19時に出勤して仕事が終わるのは10時とかだったので、約15時間くらいは病棟にいました

そのため、夜勤前にお風呂に入っておかないと、夜勤が終わる頃には前髪がベタついてそうで、見た目が不潔っぽくなるのがとにかく嫌だったので、夜勤前に必ずお風呂に入るようにしていました。

夜勤前にお風呂に入るデメリットもあり

私は夜勤前にお風呂に入る派なのですが、やはりメリットだけでなくデメリットに感じている点もあります。

それは以下のとおりです。

  • 睡眠時間が削られる
  • そのまま寝たくなる

この2点が、私の思う夜勤前にお風呂に入るデメリットです。

睡眠時間が削られる

まず1つ目のデメリットは、睡眠時間が削られるという点です。

夜勤前にお風呂に入ると、お風呂の時間+髪を乾かす時間を確保しなくてはならないので、そのぶん睡眠時間が削られてしまいます。

もちろんかかる時間に個人差はあると思いますが、私の場合は、お風呂に30分+ドライヤーに15分の計45分かかります。

夜勤前の睡眠時間はとても大切なので、夜勤の際に毎回45分間睡眠時間が削られていると考えると、少しもったいないような気もします。

少しでも長く寝たい!という方にとっては、夜勤前の入浴時間はとてももったいない時間かもしれませんね!

そのまま寝たくなる

2つ目のデメリットは、そのまま寝たくなってしまうという点です。

私にとって夜勤前のお風呂は、夜勤のスイッチオンの役割をしてくれているのですが、とは言え、やはりお風呂はリラックスするものなので、夜勤に行かずにそのままベッドに入って寝たい!と思ってしまいます(笑)

もちろんちゃんと夜勤には行きますが、夜勤前にお風呂に入るとそのまま寝たくなってしまうのも事実なので、少しデメリットでもあるかなと思ったりもします!(笑)

まとめ

今回の記事では、夜勤前にお風呂に入るメリットとデメリットをお話ししました。

私は個人的に夜勤前は必ずお風呂に入る派ですが、もちろん人それぞれいろいろな考え方があると思います。

夜勤前にお風呂に入るかどうかは、睡眠時間や夜勤の拘束時間などの条件によっても変わってくると思いますので、自分に合った方法を選択してみて下さい。

夜勤はとても大変ですが、お互い頑張りましょうね♡

看護師は夜勤でコンタクトレンズを付けないほうがいい?【対処法あり】「看護師は夜勤でコンタクトレンズを付けないほうがいい?」というテーマで記事を書いています。24時間以上装用OKのコンタクトも紹介しているので、ぜひ覗いてみて下さい。...