看護師

看護師は夜勤でコンタクトレンズを付けないほうがいい?【対処法あり】

悩む看護師
悩む看護師
夜勤のコンタクトレンズって疲れる。装着時間も長くなってしまうし、みんなコンタクトって途中で付け替えてるの?それともメガネのほうがいいのかな?

今回の記事では、このような悩みを持つ看護師さんに向けて、具体的な対処法をご紹介します。

この記事を書いているわたし自信も視力が悪く、実際に夜勤のときずっとコンタクトを付けていたため、自分の経験談も混じえながら記事を書いていきます。

この記事の内容
  • 看護師は夜勤でコンタクトレンズを付けないほうがいい?
  • コンタクトレンズの疲れ目に癒しアイテム
  • まとめ

看護師は夜勤でコンタクトレンズを付けないほうがいい?

視力が悪く普段コンタクトを付けている看護師さんのなかには、

夜勤のときにコンタクトは付けっぱなしでいいのか。

それとも途中で付け替えたほうがいいのか。

はたまたメガネを使用したほうがいいのか。という疑問を抱えている人は多いかと思います。

このような看護師の夜勤でのコンタクトの悩みについて、対処法は以下の3つです。

  • ①メガネにする
  • ②24時間OKのコンタクトを付ける
  • ③コンタクトを途中で付け替える

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

①メガネにする

「メガネにする」というのは、一番シンプルでやっている方も多いと思います。

夜勤中にコンタクトをずっとつけっぱなしにしていると、とても乾燥しますよね!

とくに病院は24時間ずっと空調が入りっぱなしの場所が多いし、一段と乾燥しやすい環境。

夜勤は3交代制か2交代制かで拘束時間は違ってきますが、拘束時間によってはコンタクトを付けている時間がとても長くなる場合もあります。

乾燥で目が疲れる、または拘束時間が長くてコンタクトの装用時間の限度を越えてしまう、などコンタクトを長時間つけたままにしておくことが夜勤では難しかったりします。

そんなときは、始めからメガネで出勤してしまうのが、一番シンプルな対処法かと思います。

ただ1つ欠点を挙げるとすると、メガネをつけたまま看護師業務となると、コンタクトに比べメガネは視界が遮られ、処置のときにも邪魔だったりします。

特に、採血やルートの確保などのときは、メガネ越しだと結構やりにくかったりするかと思います。

目が乾燥しないのは利点ですが、処置時に少し邪魔に感じるというのは、メガネの欠点かと思います。

ちなみにわたしは、夜勤の時に一度もメガネで行ったことはありません。

理由は、メガネは処置の時になんだか邪魔で、あとは単純にメガネが似合わないからです!(笑)

②24時間OKのコンタクトを付ける

「24時間以上連続装用OKのコンタクト」は、「メガネは処置の時に邪魔だからできれば付けたくない」という人におすすめの商品です。

「エア オプティクス® EX アクア」という商品は、国内で唯一1ヶ月連続装用を厚生労働省から承認されているコンタクトレンズなんです!!

起きているときも寝ているときも、ずっと付けたままでOKという、なんとも魅力的なコンタクトレンズ!

とろろ
とろろ
めちゃくちゃスグレモノ!

このレンズを使用すれば、夜勤中ずっと装用時間を気にせず付けたままにしておけます!

さらに、連続装用OKに加えて、目が疲れにくく乾燥もしにくいという特徴もあります。

もう、看護師の夜勤にはもってこいのコンタクトレンズですよね!

この記事を書いているわたしも、じつはこのコンタクトレンズの存在を知ったのはつい最近なんです。

以前働いていた病院を辞めるまで、夜勤中はずっと一般的なソフトコンタクトレンズを付けたままにしていました。

その結果、当たり前ですが、角膜に結構な数の傷が付いてしまいました・・・。

とろろ
とろろ
眼科の先生にとても怒られました・・・

大きな合併症には進行しませんでしたが、このような経験をしているからこそ、夜勤のときにできるだけ目に負担がかからないよう対処法を考えることは大切だなと実感しています。

夜勤にオススメのコンタクトなので、是非試してみて下さいね。

③コンタクトを途中で付け替える

最後に「コンタクトを途中で付け替える」という方法です。

そのままですね(笑)

「メガネは邪魔、でも新たにコンタクトを買うのはコストがかかるから嫌」という人は、夜勤の途中で付け替えるしかないですね!

わたしが以前働いていた職場でも、始めはコンタクトを付けてきて、途中からはメガネに変えている人がいました。

逆に、初めはメガネで来て、朝方にコンタクトに付け替えている人もいました。

どうしてもメガネが嫌な人は、コンタクトを休憩中だけとって、休憩が終わったらまた付けている人もいました。

このように途中で付け替えるのも一つの手だとは思います。

でも、忙しくて休憩すらとれない日もあったりしますので、夜勤中に必ず付け替えができるという保証は無いかなと思ったりもします。

コンタクトレンズの疲れ目に癒しアイテム

普段コンタクトをしているとやっぱり目が疲れますよね。看護師の夜勤はハードなのでなおさら目の疲れがヤバめです。

そこで、わたしが普段使用している、疲れ目におすすめの癒やしアイテムを2つだけご紹介します!

パナソニック 目もとエステ

わたしも絶賛愛用中の、「アイマッサージャー」です。

目を温めながらマッサージしてくれるので、とっても気持ち良いです。

でも、やっぱり高価なのが少し難点・・・

個人的にはすごくオススメですが、「もったいない!」という方は次に紹介する「あずきのチカラ」を使ってみてください。

あずきのチカラ

「あずきのチカラ」という商品。

電子レンジで温めて目の上に置くだけというシンプルな商品です。

これ1つで約250回使用可能なので、何度も繰り返し使えます。

おなじくドラッグストアなどでよく見かけるめぐりズムの「蒸気でホットアイマスク」もありますが、わたし的にはあずきのチカラ推しです。

温めて繰り返し使えるし、あずきのほどよい重さがとても心地良いです◎

夜勤明けに「あずきのチカラ」で寝落ちが最高に幸せですよ!

まとめ

今回の記事では看護師が夜勤時に感じるコンタクトの悩みについてまとめてみました。

結論、対処法は以下の3つです。

  • ①メガネにする
  • ②24時間OKのコンタクトを付ける
  • ③コンタクトを途中で付け替える

個人的には、メガネは処置の邪魔になるので、24時間OKのコンタクトレンズがオススメ。

わたし自身も、夜勤の時にコンタクトに関する悩みを持っていた経験があるので、この記事が同じような悩みを持った看護師さんの参考になれば嬉しく思います!

目にできるだけ負担がかからないようにしながら夜勤を頑張って下さい!応援しています。

関連記事現役看護師の私が買ってよかった夜勤グッズ【夜勤をちょっと快適に】

関連記事【疲労】看護師が夜勤生活に疲れたときの対処法は2つだけです