学生

看護師になるために必要な資格とは?【看護師になる方法も解説】

看護師になるために必要な資格とは?【看護師になる方法も解説】
看護師になりたい
看護師になりたい
将来は看護師になりたいな~。
看護師になるためにはどんな資格が必要なんだろう?

今回はこの疑問に答えていきます。

結論を先に言ってしまうと、

  • 【正看護師に必要な資格】
    →厚生労働大臣発行の国家資格
  • 【准看護師に必要な資格】
    →都道府県知事発行の免許

↑↑上記のとおり。

看護師になりたい
看護師になりたい
正看護師と准看護師があるの??

そのとおりです!

正看護師と准看護師のちがい、それぞれに必要な資格のちがい、正看護師・准看護師になる方法については、本文で詳しく説明していきます(^^)

この記事を書いているわたしは現役看護師です。

実際にわたしがどのようにして看護師になったのか、実体験もまじえながら記事を書いていきますね!

この記事の内容
  • 看護師になるために必要な資格
  • 正看護師になる方法
  • 准看護師になる方法
  • 准看護師から正看護師になる方法
  • 正看護師を目指そう
  • まとめ

看護師になるために必要な資格

看護師になるために必要な資格

正看護師と准看護師の2種類がある

知らないひともいると思いますが、「看護師」には正看護師と准看護師の2種類があります。

一般的にイメージされる看護師は「正看護師」のことです。

正看護師と准看護師とでは、必要な資格・してもよい業務内容が全然ちがってきます。

まずは、「看護師」には正看護師と准看護師の2種類があることを踏まえておきましょう!

それぞれに必要な資格

  • 【正看護師に必要な資格】
    →厚生労働大臣発行の国家資格
  • 【准看護師に必要な資格】
    →都道府県知事発行の免許

正看護師になるためには、国家資格に合格する必要があります。

准看護師になるためには、都道府県知事発行の免許に合格すればOK。

国家試験は1年に1度しか受験することができませんが、准看護師の試験は各都道府県で試験日が異なるので、1年のうちに数回受験することが可能になります。

正看護師と准看護師の業務内容

正看護師と准看護師は、「保健師助産師看護師法」において以下のように定められています。

  • 【第5条】
    この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。
  • 【第6条】
    この法律において「准看護師」とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、前条に規定することを行うことを業とする者をいう。

かんたんに言い換えると、

  • 看護師
    →患者さんに対して療養上の世話・診療の補助を行なう
  • 准看護師
    →医師または看護師の指示のもと、患者さんに対して療養上の世話・診療の補助を行なう

つまり、准看護師は自分の判断で業務を行なうことができない&看護師に対して「コレは違うと思います」とか「コレしといてください」みたいに意見や指示を出すことができません。

とはいえ、看護師の指示があれば業務を行なうことができるので、職場での業務内容は看護師も准看護師もまったく同じです。

血圧・体温・脈拍などの測定、点滴・注射・採血、食事・排せつ・清潔・更衣介助、体位変換、患者さんの移送、カルテの記載、カンファレンスへの参加など、看護師も准看護師もまったく同じ業務をこなします。

資格を取るためには

看護師・准看護師どちらになるにしても、資格取得は絶対条件です。

資格を取るためには、学校に通って法律でさだめられた時間ぶんの授業・実習を受ける必要があります。

看護師・准看護師になるための学校にはどんなものがあるのか、詳しくはのちほど説明します。

正看護師になる方法

正看護師になる方法

正看護師になる方法は、つぎのとおり。

  • 中学卒業→高校の5年一貫課程へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→看護学科のある大学へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→看護専門学校(=看護師養成所)へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→看護学科のある短期大学へ進学

※准看護師から正看護師になる方法もありますが、それに関しては記事の最後のほうで説明するのでここでは省きます。

高校の5年一貫課程とは

引用:大阪暁光高等学校 公式HP

看護科5年一貫課程とは、高校入学から5年後に正看護師になれるコースのことです。

一般高校(3年間)を卒業してから正看護師をめざす場合、大学の場合は高校入学から7年間、専門や短大の場合は高校入学から6年間かかります。

高校の看護科5年一貫課程なら最短の5年間で正看護師をめざすことができるので、『将来は看護師になりたい!』と決めている中学生は、看護科5年一貫課程への進学がオススメです☆

大学・専門学校・短期大学の違い

いま高校生、もしくは社会人のひとは、看護学科のある大学・専門学校・短期大学のいずれかに進学することで正看護師をめざすことができます。

『大学・専門学校・短期大学どれが1番オススメなの??』

と思いますよね。わたしも高校生のとき、学校選びにだいぶ迷いました。

そこで、大学・専門学校・短期大学の違いをかんたんにまとめてみました。

大学 専門学校 短期大学
資格 ・看護師国家試験受験資格
・保健師国家試験受験資格
(申請により養護教諭二種免許が取得可能)
・助産師国家試験受験資格
(助産師課程がある大学において所定の科目を履修した場合)
・看護師国家試験受験資格
(保健師・看護師統合カリキュラム校は、保健師国家試験受験資格も取得可能)
・看護師国家試験受験資格
(養護教諭二種免許が取得できる学校もあり)
特徴 ・取得可能な資格が多い
・一般教養など幅広く学習できる
・授業料が比較的安い
・現場での実践力を養うことにチカラを入れている
全国に20校ほどしかない
修業年限 4年 3年 3年
平均授業料 4年間で
約250~700万
3年間で
約60~250万
3年間で
約250~400万

▲横にスライドできます

大学・専門学校・短期大学はそれぞれ以下のひとに向いています。

  • 看護師以外の資格を取りたい&一般教養など幅広く学習したい
    ⇒大学がおすすめ!
  • できるだけ早く看護師になりたい&学費を押さえたい
    ⇒専門学校・短期大学がおすすめ!

ぶっちゃけ、大学・専門・短大どれに進学したとしても、学校によって厳しさやチカラを入れている部分などさまざまです。

なので、いちがいに『大学がオススメ!』とか『専門がオススメ!』みたいなことは言えません(^_^;)

大切なのは、「入学したあと、そこでアナタがどれくらい努力できるか」です。

とはいえ、『この学校に入学してよかった!』と思える学校に入学してほしいので、学校選びは慎重にしましょう!

とろろ
とろろ
資料請求して実際にオープンキャンパスに行ってみるのがオススメ!!

オープンキャンパスは学校の雰囲気を知ることができるので、最終的に2~3校に候補をしぼって、実際にオープンキャンパスに行ってみることをオススメします。

まずは第1段階として、看護学科のある学校の資料請求からはじめてみましょう!

≫無料で資料請求するなら「スタディサプリ進路」

※気になる学校をまとめて資料請求できる
※10校まとめて資料請求で1,000円分の図書カードプレゼント(3月31日まで)

准看護師になる方法

准看護師になる方法

准看護師になる方法は、つぎのとおり。

  • 中学卒業→准看護師養成所へ進学
  • 中学卒業→高校の衛生看護科へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→准看護師養成所へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→高校看護科5年一貫課程の専攻科へ進学
  • 一般高校卒業(社会人)→看護専門学校の准看護学科へ進学

准看護師の場合、中学卒業後に准看護師養成所に2年間かようのが最短ルートになります。

なので、正看護師は最短で21歳から現場で働けるのに対し、准看護師は最短で17歳から現場で働くことができます。

准看護師養成所は2年、高校の衛生看護科は3年、高校看護科5年一貫課程の専攻科は2年、看護専門学校の准看護学科は2年が最短の修業年限になります。

全日制や定時制などにより修業年限は変わってくるので、各学校の要項をしっかりと確認してください☆

≫無料で資料請求するなら「スタディサプリ進路」

准看護師から正看護師になる方法

准看護師から正看護師になる方法

准看護師から正看護師になる方法は、つぎのとおり。

  • 看護専門学校の全日制(2年)へ入学
  • 看護専門学校の定時制(3年)へ入学
  • 看護専門学校の通信制課程へ入学

看護専門学校の全日制もしくは定時制へ入学する場合、最終学歴が中学校卒業であれば、看護専門学校入学前に3年間の実務経験が必要となります。

看護専門学校の通信制課程へ入学する場合は、准看護師になってから7年間の実務経験が必要になります。

准看護師として働いていた主婦たちが、子育てが終わってから正看護師をめざす、というパターンが結構多いみたいです。

正看護師を目指そう

正看護師を目指そう

これから看護師を目指すのであれば、准看護師ではなく正看護師を目指しましょう!

年々、正看護師の数が増え、准看護師の数が減ってきています。

割合でいうと、正看護師:准看護師=9:1くらい。

その時代の流れに沿ってか、准看護師養成所の数も減ってきています。

ここ10年で准看護師養成所の数は半分以下に減り、准看護師養成所に入学する生徒数も3分の1以下に減っています。

また、日本看護協会の調べによると、正看護師と准看護師とでは給料にも差があります。

准看護師は正看護師よりも毎月6.5万~9万円ほど給料が安いので、年収で言うと78万~108万円も安いことになります。

以上の理由から、いまから看護師を目指すのであれば、准看護師ではなく正看護師を目指すことをわたしはオススメします。

正看護師を目指せる学校はたくさんあるので、まずは学校の情報収集からはじめてみましょう!

無料で資料請求するなら

>>スタディサプリ進路

※気になる学校をまとめて無料で資料請求できる
※10校まとめて資料請求で1,000円図書カードプレゼント

まとめ

看護師になるために必要な資格は以下のとおり。

  • 【正看護師に必要な資格】
    →厚生労働大臣発行の国家資格
  • 【准看護師に必要な資格】
    →都道府県知事発行の免許

いまから看護師を目指すなら、正看護師をめざすことをオススメします。

まずはどんな学校があるのか、資料請求して情報を集めるところから始めましょう!

看護師はやりがいのあるステキな仕事です☆

これから看護師めざして頑張ってください(^^)♡

関連記事看護系専門学校の失敗しない選び方【看護師目指している高校生必見】