学生

看護学生が入学前に準備すべきものは?【看護学生になる高校生必見】

4月から看護学生になるけど、入学前に何か準備しておいたほうがいいものってあるのかな?

今回はこのような疑問に答えていきます。

この記事を書いているわたしは、現役看護師です。

看護専門学校を卒業しているので、その経験もまじえながら「看護学生が入学前に準備すべきもの」についてお話ししていきます。

この記事の内容
  • 看護学生が入学前に準備すべきもの
  • 参考書類は入学してからで良い
  • 入学までは思いっきり高校生活を楽しむべき
  • まとめ

看護学生が入学前に準備すべきもの

看護学生が入学前に準備すべきものは以下のとおり↓↓

  • スーツ
  • 文房具やファイル類
  • 通学用のかばん
  • パソコン
  • プリンタ
  • USB

1つずつ説明していきますね!

スーツ

わりといちばん忘れがちなのはスーツ!

きっと高校生のときはほとんどの人が制服登校だったと思うので、スーツを持っているひとは少ないかと思います。

学校にもよるかもしれませんが、大学も看護専門学校も、入学式はスーツでの出席になります。

また、学校の付属病院以外で実習をする際や研修に行く際は、必ずスーツの着用が必要になります。

こんな感じで、看護学生になってからはスーツを着る機会が結構おおいです。

スーツは入学式前に準備しておきましょう!

※入学式は私服でOK!という学校もあるかもなので、そのあたりの情報は各自で確認してください。

とろろ
とろろ
わたしはスーツだけ買って満足していて、入学式前に慌ててパンプスを買いに行った思い出があります(笑)

文房具やファイル類

続いて、文房具やファイル類!

文房具はもともと持っているものを使えばよいと思いますが、心機一転のために新しい文房具に買い替えるのも個人的にはおすすめ♡

わたしは心機一転のためにほとんどの文房具を新しいものに買い替えました!

とろろ
とろろ
新しい文房具ってなんだかモチベーションアップにもなりますしね(^^)

看護学生は授業で配られるプリントや実習の記録用紙、課題やレポート書類など、大量のプリント類がたまっていくので、それらを保管するファイル類は必須です!

個人的に、付箋やインデックスシールは超おすすめアイテムなので、プリント類やファイルの整理に使ってみてください!

通学用のかばん

続いて、通学用のかばんを準備しましょう!

看護学生の教科書は分厚くて重いので、通学用のかばんは丈夫で容量がある程度おおきいものが理想的!

わたしも看護学生のとき、通学用のかばんで迷って何度もかばんを買い替えました。

トートバッグやリュックなどいろんな種類のかばんを使ってみましたが、その中で1番使いやすいと感じたのはリュックでした。

看護学生におすすめのリュックについては別の記事にまとめているので、まだ通学用のかばんを準備していないひとはチェックしてみてください!

▼詳細はコチラ。

看護学生にオススメのリュック15個を厳選まとめ【写真多め】看護学生の通学におすすめのリュックを写真付きでまとめてみました。おしゃれな見た目で収納力も抜群のリュックが勢揃いしています★...

パソコン

続いて、パソコンは看護学生に100%必須のアイテムです!!

看護学生は大量のレポートや課題があります。

手書きでOKのものもありますがパソコン指定の課題も多く、授業でグループワークをすることも多いので、パソコンは看護学生に100%必須になります。

▼看護学生におすすめのパソコンについては、以下の記事が参考になります。

【2020年最新】看護学生の失敗しないパソコン選び+おすすめ3選看護学生に100%必要なパソコン! おすすめのパソコンや一緒に準備しておきたいものを、システムエンジニアでパソコンオタクの旦那さんと厳選しました。ぜひ参考にしてください☆...

プリンタ

続いて、パソコンと合わせてプリンタも準備しておくことをおすすめします!

看護学生にプリンタが必要な理由と、おすすめのプリンタを別の記事にまとめています。

▼詳細はコチラ

看護学生にプリンタはほぼ必須です【理由とおすすめプリンタを紹介】看護学生にプリンタはほぼ必須と言えます!その理由や、プリンタを選ぶときの条件、またおすすめのプリンタもご紹介します!...

USB

最後に、USBも看護学生にほぼ100%必須です!

パソコンで課題やレポートを作成する機会が多いので、パソコンの容量が一杯にならないよう、USBの中にデータを移すようにしましょう。

USBにデータを残しておけば、パソコンが壊れてしまってもデータが消えることはないので安心です!

また、パソコン指定の課題の場合、学校からの指定の形式やファイルを、自分のUSBに入れて持ち帰る、なんてことも多々あるので、USBは看護学生の必須アイテムと言えます。

1,000~2,000円くらいで購入可能なので、事前に準備しておきましょう!

ぶっちゃけ入学後でも問題なし

これまで入学前に準備しておきたいものを紹介してきましたが、ぶっちゃけスーツ以外は入学後に準備でも問題ないです◎

スーツは入学式で使うので事前に準備が必要ですが、その他のパソコンやプリンタなどは、入学後においおい準備でも問題はないと思います!

パソコンやプリンタはそれなりに値段もするものなので、じっくり考えてから購入で問題なしです◎

とろろ
とろろ
わたしはパソコンもプリンタも店員さんに勧められるがままに購入してしまい、少し後から後悔しました。

ただ、わたしは入学して4月のうちに2つのレポート提出があり、そのときはまだパソコンを持っていなかったので2つとも手書きで書いて、まぁまぁ大変な思いをしました(^^;)

レポートを手書きで書く場合、修正しようと思ったらなかなか書き直すのが大変で、ものによってはボールペン書き指定のこともあるので、どう考えてもパソコンのWordで打ったほうが修正も楽にできます。

4月のレポート課題を手書きで仕上げた際に、パソコンをもっと早めに買っておけば良かったと少し後悔もしたので、やはり早めに準備しておくに越したことはないかなとも思ったりします。

参考書類は入学してからで良い

「看護学校は入る前に自己学習しておかないと、授業についていけなくて辞めることになる」的なことを、学校の先生から言われたりネット上の書き込みで目にしたりすると思います。

ですが、ぶっちゃけ、そんなことないです。大丈夫です。

入学前に勉強することはとても良いことですが、正直、勉強は入学してからでも全然問題ないです!

看護の専門学校に入ったら、嫌でも勉強に追われる日々が続きます。

そのため、あまり入学前から勉強を頑張りすぎる必要はないです!

とろろ
とろろ
わたしは入学までほとんど勉強しなかったけど普通に大丈夫だったのでみんなもきっと大丈夫◎笑

看護系の参考書は、入学したあとに、先生や先輩にどれがおすすめか聞いてから購入で良いかと思います!

ちなみに、「どうしても勉強しておかないと不安」という方がいれば、おすすめの勉強内容としては、数学(計算問題)・解剖生理学の2つがおすすめです。

看護師は、点滴の滴下速度や濃度の計算、麻薬量の計算や酸素使用量の計算など、とにかく計算ができないと仕事にならない&患者さんの身を危険に晒してしまう可能性があります。

そのため、看護の道に進む上で計算能力は必ず求められます。

また、解剖生理学は患者さんを看護する上で一番ベースとなる重要な部分です。

体の各部位の名称、体の各部位の働きなど、解剖生理学を理解して初めて次のステップに進む事ができます。

▲解剖生理学を勉強するのに一番おすすめの参考書はこれです!

可愛いイラストとわかりやすい説明で楽しく勉強できる参考書なのでぜひチェックしてみてください(^^)

【看護学生になる前に】入学前に解剖生理学を勉強して差をつけよう看護学生が入学前に予習するならなぜ解剖生理学が良いのか、また解剖生理学を勉強するのにおすすめの参考書をご紹介しています。これから看護学生になる人必見です!!...

入学までは思いっきり高校生活を楽しむべき

受験が終わったら、看護学生になるまで思いっきり遊んでおくべきです!!(笑)

何度も言いますが、看護学生になったら遊ぶ時間はほとんどなく、課題や実習記録に追われる日々です。

ぶっちゃけ、看護学生はめちゃくちゃしんどいです。

特に、専門学校は厳しい学校が多く、3年間にギュッと授業と実習が凝縮されるため本当にしんどいです。

なので、受験が終わったら入学まで思いっきり残りの高校生活を楽しんでください!

そして、看護学生になったらとにかくガムシャラに看護師目指して頑張ってください!

まとめ

今回の記事では、看護学生が入学前に準備すべきものについてお話ししました。

ぶっちゃけ、入学式で使うスーツ以外は、入学してから揃えても全然問題ないと思います!

ですがいずれにせよ、今回の記事でご紹介したパソコンやプリンタなど、すべて必ず必要になるものなので、おいおいでよいですが、少しずつ準備を進めていきましょう!

そして、残り少ない高校生活を思いっきり最後まで楽しんでください!

看護学生になってからの新生活が充実した日々になるよう願っています♡

▼まだ入学する学校が決まっていない方には、こちらの記事も参考になるかと思います。

看護系専門学校の失敗しない選び方【看護師目指している高校生必見】看護系専門学校の失敗しない選び方について丁寧に解説しています。看護学校への進学を考えている方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。...